どのような方が対象となるのか - 福祉葬は葬優社

福祉葬儀に関してのお問い合わせ
06-6653-3802
ホーム > 福祉葬儀とは

福祉葬儀の対象となるのは




だれが葬儀費用を支払うのか

どのような方が費用免除での葬儀(生活保護葬儀・福祉葬儀)が認められるのかご紹介致します。

前提となるのが、葬儀費用の支払いを誰がするのかがポイントとなります。よくお電話で亡くなられた方が、大阪市で生活保護を受給していたので、福祉葬でお願いしたいとご依頼を頂きますが、亡くなられた方が生活保護受給者だから「費用免除で葬儀ができる」とは限りませんのでご注意下さい。

お葬式をおこなう遺族・親族がおられる場合、故人が生活保護受給者であっても費用免除での葬儀が認められないケースが多く御座いますのでご注意下さい。

葬儀費用免除が認められるケース

葬儀費用の支払いが免除される一般的なケースをご紹介致します。免除にするかの判断は、役所 生活支援課 ケースワーカーの方が判断されますので、あくあでも一般的例とお考え下さい。

  •  ① お葬式をおこなう者が誰もいない場合

①の場合、お葬式をおこなう遺族・親族が誰もいないので、大阪市が費用を支払い葬儀をおこないます。

  •  ② お葬式をおこなう者が生活保護受給者の場合

②の場合、お葬式をおこなう遺族・親族が大阪市で生活保護を受給しているため、葬儀費用の支払いが困難だと判断されるので費用免除で葬儀がおこなえ場合がほとんどです。ご夫婦で生活保護を受給していて夫が亡くなり、その妻がお葬式をおこな場合などのケースです。

  •  生活保護を受給しないといけないくらい困窮している

③の場合、今現在は生活保護を受給していないが、生活保護を受給しないと生活ができないくらいに困窮・逼迫した生活状況である場合となります。葬祭扶助を利用するにはかなり厳しいのが現実です。

  葬祭扶助申請の仕方
Copyright(C) 大阪市の福祉葬儀はお任せ下さい All Rights Reserved.